背伸びをしたらなにもかもお終いよ

最近は雑記になってしまっている

わたしには

ある。 なにが? あるんですけど。 なにがあるって? わたしには「ある」ということを知っている。 だが、これを読む人はなにが「ある」のか知らない。 そもそも「ある」ってどういうこと? ここでいう「ある」とは「存在する」ということだけど、いったいど…

俺が言う「俺の作品は分かりにくい」とは一体どういう了見だ?

「俺の作品は難しい」「俺の作品は分かりにくい」私はそういうことを言う。なぜか?別に深く考えてなかった。テキトーな発言である。あと、あんまりウケてないのできっと分かりにくいんだろうなという感じもある。つまり「本当は良いもの」なのだけど、理解…

ウオー!!!

追い詰められる時間帯ですね。私はこの休日、何事も成し遂げなかったわけではない。映画もいくつか見たし、本も読んだし、記事も書いたし、漫画だって描いた。なのに、どうしてだろう、この不満足感。腹が減ったぜ。美味しいと感じるもの、あります?松屋う…

いいね

https://www.nicovideo.jp/watch/sm33238354 いいね

嫌だね Twitterをやめたのは、面白いものとイラつくものとの釣り合いが取れなくなったからと、あとゴチャゴチャ言うのが恥ずかしくなったというのがあるのだけど(他もあるけど)、最近はまたここで恥ずかしいことを書いてるね まあ恥ずかしいのは仕方ない。…

つぶやき

人に物申す時はふざけた口調で言うな。ブン殴るぞ。Twitterを見ていた。Twitterはやめてアカウントは持ってないのですが、見てはいる。中には人にリプライで物申しておりながら、ふざけた口調の人がいる。あんなん神経疑うね。マジメにできないのか。以上で…

暗愚を認知

「本当に知識のある人間は、逆に自分のこと無知だと思ってる場合が多い」ということがありますけど、まぁ私もその手の人間でして、私は本当に何も知らないという気持ちで日々を過ごしております。 こんなアホなのだから、何かに対し判断を行うということを避…

あんまり知らない「イノセンス」

追記:イノセンスと呼ばれる音楽を作る人、私は四、五人くらいしか聴いてませんボーカロイド音楽で「イノセンス」という言葉がある。ある種の音楽を表す言葉である。それはボーカロイド音楽に限定された言葉ではない。ボーカロイドに限らず「イノセンス」と言…

劇場版 ぼのぼの クモモの木のこと

見たんですよわたし映画のことはだいたいニコニコのブロマガに書くんだけど、今ゴールデンウィークで帰省して自分のパソコンから離れてて、書くならスマホからなんだけどスマホからブロマガどうやって書くか分からんでここに書くというね素晴らしい映画でし…

サイトラ666が出たんだそうである https://rjnk.bandcamp.com/album/psychedelic-trash-vol-666 なんも関わってないが報告。あのつじしまみちこが参加してる。 私の方は四コマ漫画描いてる。今新しいの14個出来た。あと六個描いたら出す。でもすぐには出さ…

理解ってどうなの?

漫画描きましたので宣伝します。過激・不快な内容なのでお気をつけください。 http://seiga.nicovideo.jp/comic/40709 過激・不快の注意書きは礼儀として書いてあります。それで「嫌なら見るな」とは言いません。読者に「嫌」と言う権利はあると思うし、発表…

収まらない夜

創作やってるとさ、 今みなさまにお出しできるものはないけど、でも出してぇって思うことあるじゃん。それでさ、もっとカリカリに構築できた創作物を、我慢ならず投稿してしまうということを私は繰り返してきたんですよ。 だってこれ一人作業だから。だれも…

究極の選択!? 自分が創作をやめる or 誰かが創作やめる

小説を書いたり、作曲をしたりと、創作をしてる人向けにまたありえない問題を思いついたんですけど。 自分が創作をやめなければ、誰かが創作やめなきゃいけないっていう状況があったとしますわな。 で、その誰かが、「いったい誰なら自分は創作やめるか?」…

Opium Pop

https://kijirushi.bandcamp.com/ 出ましたね。気にしてたんですよ。 気になるものは書きたいけど、でも何かを書くのは大変だし時間がかなりかかるので、出たことを見つけたことの報告だけをしときます。 ニコニコに投稿されてたのといろいろアレンジが変わ…

代わりのボーカル

私はボカロを使って音楽を作ってきました。さっきふと思ったんですけど、私の今まで作ってきたボカロ音楽を、世の中の歌手が歌うとしたらこの曲は誰が合うだろうか、みたいなことを考えたら楽しいのではないか。ボカロPの方は想像してください。もし自分の作…

とりあえずなにか話したい

ブックオフでデザインに関する本を数冊買った。それについて解説すると、私はこう思ったのだ。今私が見てるもののほとんどは人間(誰か)の手によって作られたもので、そこには常にデザインがある。ハンガーにしろ、テレビにしろ、エアコンにしろ、ドアにし…

自作「チョコレットEP」について語る

このブログでも何度か言ったような気がしますけど、そろそろ緻密に構築され考え抜かれた音楽を作りたいと思っておりまして。はい。もう一昨年の冬になりますけど、私は「マイルドモンキー」というアルバムを作ったのですよ。あれで、キヅミタとして「一部完…

つじしまみちこさん、goodです

今お酒飲んで大分酔ってるんですけど イェイ www.nicovideo.jp はい。リピートしてます。 www.nicovideo.jp 私の話をすると、やられたなって感じもあるんですよ?まぁいいんですけど。 三島由紀夫的ガチガチポエムという、やりたかったことでもあるんですけ…

してない ~あれから俺は音楽理論を勉強したのか?~

音楽理論が勉強できません!! 外的な要因からではなく内的な要因からです。 私には合わないのかな? あるいはやっぱり環境が悪いのかな? 勉強机がまずないからね。 部屋も乱れてるし。 私がなんで音楽理論を勉強したいのかって、それはもう、違いを見せつ…

理論と技術

私事ですが、音楽を作ろうと思い至ったのはかれこれ10年以上前のことになります。 10年前、私の作曲者の規範はジミ・ヘンドリックス(昔のロックですごい人)でした。楽譜は読めない、音楽理論も知らない、ただ感覚だけで曲を作るというのにカッコよさを感…

目赤くなるの音楽

目赤くなるという人がいる。初音ミクの音楽を作っている。 この人の音楽は分からない。 私にはこの人の作るような音楽は作れない。 正直、自分の音楽の価値が不安になることもある。(どうでもいい話をすれば、そう不安に感じるのは私の音楽にとって良いこと…

スカスカコンピの宣伝

massatsu.bandcamp.com このたび抹殺レコーズからスカスカコンピが出ました。「音の隙間や空間を生かしたスカスカな音楽を集めたコンピレーション」というのがコンセプトとなります。私も参加しています。金額はいつもと同じで自分で決めることができます。0…

Psychedelic Trash vol.1

rjnk.bandcamp.com 2017年の正月にPsychedelic Trash vol.1というコンピレーションアルバムが出ました。私も参加しています。上記のリンクからダウンロードできるのでぜひ聴いてみてください。値段が決められる投げ銭システムで、値段に「0」と入れれば…

二人でお料理作曲法 ver.1

二人で曲を作る方法を考えてました。作曲の技術をアウトソーシング(他の人に頼むこと)できればガチの素人でも曲が作れるようになって面白いのではないかと思います。しかしタダで他人の要望にホイホイ応えてくれるお人好しな作曲家はこの世に存在しません…

歌詞について

歌詞について考えたことをまとめてみます。良い歌詞とはどんなものか?哲学的で深遠な学説を披露しても「じゃあテメーの書いた歌詞はどうなんだよ?」って言われたらアウトですし、哲学的で深遠な学説を披露できるほどモノを知っているわけではないので、自…

音楽のフォーマットについて

フォーマット(音楽の保存形式)は音楽に影響を与えます。考えたことを述べていきます。 まずジョン・ケージの4分33秒から話を始めます。 4分33秒というのは4分33秒間を3つの楽章に自由に分け、その間何も音を発さずに環境音(演奏される場所がコ…

チンアナゴLP Garden

stripeless.bandcamp.com チンアナゴという変な生き物がいまして、それをテーマにしたボーカロイド・コンピレーションアルバムがあります。その名もチンアナゴLP。 このコンピレーション・アルバムは45曲もの楽曲が収録されており、あまりにも多いので3枚…

ミックホップというジャンルについて

ミックホップというのはヒップホップの要素を含んだボカロ音楽のことです。このジャンルが成立したのはつい最近のことです。その成立の始めにはネガティブな意見もいろいろと言われたそうです。しかし、何があったかtwitterなどで調べたけど詳しくはわかりま…

サンプリングという技術について

ここでサンプリングという技術について説明しておきます。 (※)サンプリングとは主にサンプラーという機材(あるいはパソコンのソフト)を使ってさまざまな音を取り込み、それを鍵盤やパッド(ボタンみたいなもの)を押すことで鳴らせるようにしたものです…

澤口瑞希の作った音楽

澤口瑞希の作った音楽 ‐ ニコニコ動画:GINZA これは俺が作った曲です。 まず、この曲を作った動機から説明します。 この曲の前に作った「すり身のドープ」という曲を一部の人にすごく褒めてもらえたのですが、その体験は俺にとって焼けるような快感でした。…