読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

澤口瑞希の作った音楽

澤口瑞希の作った音楽 ‐ ニコニコ動画:GINZA

 

これは俺が作った曲です。

まず、この曲を作った動機から説明します。

この曲の前に作った「すり身のドープ」という曲を一部の人にすごく褒めてもらえたのですが、その体験は俺にとって焼けるような快感でした。しかし、その快感は同時に俺に不安をもたらしたのです。

「すり身のドープ」は種明かしをすれば、「音楽の中でその音楽の説明を言葉でやってしまう」というものでした。本来ならば言葉による説明はその音楽とは切り離されるべきものです。しかし、それを音楽の中でやってしまう。従来の「作品は作品自体によって説明されるべきだ」という”創作の理想”に対するパロディです。

このアイデアは一種、冒涜的であり、この音楽を発表した時点で俺は誰かに怒られるのではないかとビビッていました。

しかし、思いのほかウケがよかったのです。俺は正直、驚きました。まさかこんなに良い反応をもらえるなんて!

それは確かにうれしいことでしたが、正直に言えば、「すり身のドープ」は一発ギャグのつもりであり、この路線で頑張るつもりはありませんでした。

また、「この快感は俺のやることに対する規制となるのではないか」と俺は思いました。これは良くないと思いました。ゴミはたまに作るくらいがちょうど良いのだ。そして俺はこの体験を”素敵な思い出”として心にしまったのです。

しかし、「すり身のドープ」のような音楽を「アリだ」と言う人が少ないながらもいる。新たに発見されたその事実を俺は面白いなと思いました。

もっと言えば、「こんな音楽が存在することを許す人間が俺一人ではない」ということを実際に知り勇気を得たのです。

俺はあと一回、「すり身のドープ」みたいなコンセプチュアルな音楽を作って、それでおしまいにしようと思いました。その時、すでにもう一つアイデアがあったのです。それが「澤口瑞希の作った音楽」でした。

そのアイデアというのは「バーチャルシンガーがあるのだからバーチャル作者もありなのではないか?」という単純なものでした。

具体的には、まず澤口瑞希というキャラクターを作り、そのキャラクターを説明し、その上でキャラクターによって作られたという”設定の”音楽を提示する。

”作者”という作品の良し悪しとは本来関係ないはずの情報で、音楽そのものの印象が変わる。無論変わってしまう。印象とはそんな危ういものである。ということを考えていました。

 

振り返ってみるに、今の最先端の音楽理論なり、文学理論では、俺がこれらの曲で示した危うさや不信感は、すでになんらかの説明がなされているのだと思います。しかし、俺はそれを知らない。

繰り返しになりますが、俺はもうしばらくコンセプチュアルな音楽を作るつもりはないです。でも今後もし理論を知ることにより、新たな問が発生したら、また作ることになるように思います。