背伸びをしたらなにもかもお終いよ

最近は雑記になってしまっている

自作「チョコレットEP」について語る

このブログでも何度か言ったような気がしますけど、そろそろ緻密に構築され考え抜かれた音楽を作りたいと思っておりまして。

はい。

もう一昨年の冬になりますけど、私は「マイルドモンキー」というアルバムを作ったのですよ。

あれで、キヅミタとして「一部完」的な気持ちでした。例えるなら、専門学校入ったとして、なんらかの資格を取得したぞみたいな。一応の目的は果たしたぜみたいな。

もうあれで存在感のようなものは示せたという気持ちがあるので、実際には私からはあまり宣伝もしてないし知らない人も多いでしょうけど、まぁとにかく一点取ったなって感じでして。

で、とりあえず、存在感は示せたので、そこからどうするかという話なんですけど。

リリースした翌年の2018年はもう、休んでやろうと思ってたんです。音楽を作るのは。

またすぐ音楽を作り始めたとしても、同じような作り方しか出来そうにないし、私は別の方法で作りたいし。それには余裕が必要だと思って、休んでやろうと思ったのですけど。

まぁ、休んでる間に音楽理論とか、音楽の作り方とか、あるいは作曲に活かせる何かを、インプットしていこうと思ってたんですね。

結果的に、目に見える成果は何もあげられずに去年の夏が過ぎたのですけど。

まぁ失敗ですね。

で、いつものように作ったのが、チョコレットEPです。

バレンタインデーに出したこのEPは、まぁそもそも私は男だし、冗談みたいな軽い気持ちでみなさまにチョコをあげる感じで作りました。

収録楽曲で白と黒を基調にした動画を作ってニコニコに投稿したのですけど、あれはまぁチョコの色ということにしようと。途中からそういうことにしました。

ニコニコは真ん中に「エロス」という曲が挟まれてますが、あれは別に他意はなく、なんか出来たので流れぶったぎるけど投稿したんです。

白がファンタジーというか、ちょっと現実とは違う話で、遊び心って感じなんですけど、黒はもう現実感漂う、ちょっとビターな感じですね。

「丸い龍」以外は少女性みたいなテーマがあるんですよ。「丸い龍」は急いで作ったからね、バレンタインに間に合わすために。


「ぞぞぞ」は、まぁ、とにかく韻を踏んでるわけですけど、ニコニコ版はまぁ、ちょっと押韻ミスってるのですけど。EPでは直したけど。まぁとにかく韻を踏んでるわけですね。

本当は、もっとちゃんとした日本語で、古典とかの知識がもっとあったら、漢語を読むようなそういう歌詞をかけたかもしれないけど、無いから、まぁああいう歌詞になったのだけど。

あとあとになって考えてみれば、詩を言葉の「意味」で組み立てるのではなく、「韻」で組み立てることによって、「意味」をおざなりにしたということなんだと思う。

意味ないとキツいですよね。ちょっと無意味って耐えられなくない?

「ぞぞぞ」はもう、亀の甲羅を焼いて、その亀裂でやる占いみたいなもので、要するに意味を読み取らないといけないんですね。

意味が最初から明確に用意されてはないのですよ。意味じゃなく韻で組み立てたから。それはまぁ、キツいって思うかもしれない。

いや、作った時からそれは意識してはないけど。それに作詞中、韻を主体にしつつ、結局「意味」に寄せていった気もするし。

はい。

「人生の味…」も「ライオン」も、なんか泣いてる女の人がイメージとして浮かんでるんですよ。泣いてる曲ですね。

少女性がテーマといったけど、「人生」とか「ライオン」はもう大人の女性ですね。一番幼いのは「ぞぞぞ」だ。

なんで大人の女性かって、それはもう私が27歳になるからだろうな。

もうなんか最近知ったようなことを書きたい感じですね。

女性を主人公にしたって、その出所(でどころ)は私じゃないですか。つまり「この女性=私」みたいな、なんか気色悪い等式が結びつくのが、ちょっと嫌だから、まぁ概ね自分だけど少し自分とは違うってところを意図的に混ぜたりするんですね。ありませんそういうの?

私は別に「掃除洗濯なんのその」って感じではないし、「注射とか打たれたい」って感じではない。

そろそろ寝ないとな。

丸い龍はね、実は星野源の「恋」みたいなやつ作りたいなと思って、でもあと10日しかない、あー!ってなって、全然違うのができて、まぁイントロが「恋」みたいな、なんとかひねり出したんですけどね。

あのまるでテレビかラジオのジングルみたいな、すごいキャッチーなイントロ、「恋」のやつ。あのキャッチーさ良いなぁと思ってね。

オシャレな感じにしようとしたら、なんか中国音楽っぽくなっちゃうという、あるあるなんですけど。

丸い龍ってねぇ、何色なのかというと、どうなんでしょう。浮いてるのか、それとも地面に半分埋まってるのかとか。

聴いた人は「丸い龍」だから、鱗とか、目とかあるのを想像してるかもしれないけど、単なる無機質な球体ですからね。○←こんなんですよ。●←こんな色かもしれない。ただの「丸」なんですよ。でも作った人が「これは龍だ」と言うから、まぁ、龍なんでしょうって話。


以上。