背伸びをしたらなにもかもお終いよ

音楽の話、自分の考え

収まらない夜

創作やってるとさ、

今みなさまにお出しできるものはないけど、でも出してぇって思うことあるじゃん。それでさ、もっとカリカリに構築できた創作物を、我慢ならず投稿してしまうということを私は繰り返してきたんですよ。

だってこれ一人作業だから。だれもロックやセーブしてくれる人いないし、となるともう、強力な精神力が求められる。

ちょっとでもいいものを作るためには、私は泥を啜るかのごときダサい方法で収まらない気持ちを収めるしかない。ということで、特に重要なものでもないのだけど、この記事を書いている。

おかしいよなぁ。だって、創作する前はこんな気持ちなかったのにさ。タバコや酒飲む前は別にタバコや酒を渇望しなかったのと同じようなものかな。

 

最近聴いた音楽について話すか。でもさ、なんだか俺が話さなくてもなぁって感じはあるんですよね。インターネットにはなんでもあるし。別に珍しいものを聴いてるわけでもない。知ってる人は知ってるものを聴いてる。

でもさぁ、そんな風に考えちゃうのってあんまよくないことだよね。誰のために音楽聴いてるんだって話だし。

 

スクエアプッシャーの「Go Plastic」を、何度か聞きました。

 

つじしまみちこはgoodです。こう言ったらつじしまみちこさんは不快かもしれないが、本当に私と似てる曲を作る人だと思う。もちろん同じなわけではない。趣味もぜんぜん違う。いやむしろ音楽はかなり違う。人生だって違うだろう。性格だっていろいろ違うと思う。それでもなんか似てると思う。私はこないだまで自分のエゴサをするような感覚で”つじしまみちこ”で検索しまくっていた。こんなのは初めて。この人の新しい動画出るのが嬉しかったんですけど、こんなことなんて自分にはあんまりないこと。

似てるものばかり知っても仕方ないけど。それでも自分と似てると思えるものが全然なくて、もうちょっとあって欲しいなって感じだった。そんな中でつじしまみちこさんは良かった。

https://kijirushi.bandcamp.com/album/opium-pop

 

もうつじしまみちこ名義で活動は辞めたそうである。それに関して残念とはあまり思わない。辞めるのは人の勝手である。

 

ところで、

自分と似てるというか、分かるって感じることはある。Twitterとかで、ああ、この人の言ってること分かるなって感じることはある。でも、それでなんとかなったりはしない。ただ分かるだけ。分かるけど、楽にならない。

ただ、共感というものは、ちょっと嫌だと思う。私は集団が嫌いだから。でも、やっぱり私も人の子なので、共感が必要だ。

 

あとショパンを聴いたりしてる。

ロマンティックを追求しようかな。自分はロマン派な人間かもしれない。つじしまみちこさんもロマンティックだと思う。

他人の話をすると、サイケデリックトラッシュの方たちで、勝手に似てるところあるなと思う人たちがいて、でもその人たちと私の違いで、何が違うかと言えば、私はロマンティックの方に行ってしまうところがあるのだと思う。三島由紀夫的倒錯の盛り上がりを見せるのが私である気がする。

 

ちなみにこれがサイケデリックトラッシュの絶滅レコーズ

https://rjnk.bandcamp.com/

 

サイケデリックトラッシュの新しいやつがもうすぐ出るらしい。チェックしよう。

 

あと、ジプシージャズとか聴いた。

関係ないけどジプシージャズとフュージョンが好きな親戚のおじさんがいる。今度会うのはいつか知らんが、そのときまでに私も知識を深めて音楽の深い話ができるようになってれば楽しいだろうな。

 

追記:

なんで私が、他の人が作ることをやめてもそこまで残念に思わないかというと、やっぱり誰がなにをしようとも私は自分で面白いものを作れるという思いがあるのだと思う。つまりかなり一人よがってるのである。

もっと他人を輸入したい。