背伸びをしたらなにもかもお終いよ

音楽の話、自分の考え

そんなに感動することがない

私がどうして生きてるのかと言えば、死の恐怖を除けば死ぬのがもったいないからである。

「人生には意味がないかもしれない」と思う。

なぜそんな虚無的な人間が生きているのかと言えば、もったいないからである。


考えてごらんなさい。

私は今、「人生は意味がない」と思っているよ。でも、もしかしたら今後、考えが変わる可能性もあるじゃない。それは損得どっちに転がるかは分からない。

だけど得する方向に転がっていく可能性が多少あるのだから、それならば生きてみようという気がするのである。

私はそんな風に「もったいない」と思うたちである。何もしないのはもったいない。


私は本を読んだり、映画を見たり、音楽を聴いたり、引っ越しをしたりしたい。

いろんな経験をして、できるだけ多くの感動を得たい。

だが、それを阻む二つの命題がある。

・この世に無限湧きするものなどない。

・適切なものが常に適切な場所にあるわけではない。


これらは私なりの格言である。格言だから抽象的である。

今のケースで言えば、まずひとつ目は「いろいろチャレンジしたいけどそのヤル気が湧かなかったりする」ということである。

そして二つ目は「チャレンジしても別に良かったと思わないことなんてザラ」ということだ。

常に感動を追い求め、アクションのたびに感動する。ということは無理なのである。

私はもう毎回毎回ビッシャビシャのパッキパキに感動・感動・感動・感動という感じになりたいのだけど、それは無理。


もっと言えばたとえ感動しても持続しないことが多い。

例えばすげぇコントをYouTubeとかで見ます。笑い、すごいと思う。でも1時間もしないうちに元の木阿弥の泥暗愚人形に戻る。

見ていたアニメの最終回、友達とメールしながら見てて、お互いに「悲しい終わる悲しい終わる」と言い合ってた。でも終わって最後「寝るわ」と送ったら「おやすー(^^)/~~~」みたいな返信がきて、あの二人して悲しんでたのは一体なんだったんだ?みたいな経験、ありますよね。

その後一人になって、布団の中で「終わったな〜、終わったな〜」と振り返ることはある。でもとにかく、感動なんてそんな持続しない。


今の時間を泥暗愚人形として過ごすことにもったいなさを感じる。

だがそれは仕方ないのである。

どれだけ感動できるか?どれだけ感動しようと努力ができるか?これは自分の才能だ。


んんん!!!……


そんなに感動することはない。

だが世界には「ここはひとつ頑張って他人に尽くしましょう」という人がいる。

例えば、他人を楽しませようと頑張る人がいる。芸人とか、クリエイターとか。

それだけじゃない。

その辺のコンビニの店員だって「よし、気持ちよく買い物してもらおう」と頑張る瞬間だってあるさ。私は元コンビニ店員だ。もちろん、常にそういう努力をするのは難しいし私は基本的にはテキトーにやっていた。

それはとにかく、人々の他人に向けた努力が世界には溢れているのだ。この世界は素晴らしいのである。

それでも往々にしてあんまりいい気持ちじゃないのは、他人になにかをしよう、喜んでもらおうとする試みが常に功を奏すとは限らないから。

お母さんはよく毎日私にご飯を作ってくれてたもんだね。私は当然のごとく食ってたよ。

まぁ、それが普通なんだな。お母さんがご飯を作るのは普通なんだ。普通はすごいのだけどね。

ご飯を作ってくれることに毎回感動することはない。普通だから。

そういうわけで、世の中大変なのだ。

気持ちなんか通じないのが普通だよ。誤解しちゃ悲劇だぜ。

「愛してる」って言うのは、祈りなんだと思うね。


インターネットはさまざまな感動報告に溢れてる。私もよくするよ。しかし、別に発信者の24時間をフルタイムで記録してるわけじゃない。感動したらそこだけ切り取られるのだ。のべつまくなし感動してる人なんていない。


中には感動に溢れる楽しい暮らしをしてる人もいるだろう。その人は才能があるのだ。そういう人からおこぼれをもらうくらいの根性は、私も持ちたいけど。


とにかく基本的には感動なんかあんまりしない。

感動するのが当たり前なんてことはない。