背伸びをしたらなにもかもお終いよ

音楽の話、自分の考え

俺に金を払いにくいのはファンには残念だろう

「いいかい学生さん。セックスをな、セックスを…」

思いついたので書きました。本題とは無関係です。

(しかしトンカツのやつ、「内気でお洒落な娘さんに気長に惚れなさい」的なバイブスを感じるよな)

 

本題です。

私は手前の創作で今まで金を受け取ったことがない。手続きが面倒なのと、フリーでばら撒くのがインターネットへの恩返しになる気がしてるのと、あと金を取るという思い切りの度胸がないというのがある。

(追記:

ニコニ広告で私のために金を払ってくれた方はいるだろう

でも、ファンには残念だよな。私をなにか支援したいという人はいるだろう。そういう人に、選択肢を与えてないのだからな。

まぁ究極的には作者本人の勝手なのだけどね。それをタダで配ろうが、100万で売ろうが。

 

東北に旅行に行きたいとか、引っ越しをしたいとか、新しい楽器が欲しいとか、そういう費用を稼ぐために、自分の作品をネットで売るのは、一石二鳥でよろしいですよね。

そういうので金を稼げるなら、創作やる人のモチベーションにもなるよね

まぁ大抵は、大した額は集まらないだろうけどな

 

好きを与えるのと、金を与えるの、どちらかというと、金を与える方が楽ってこともある

私は好きでもないけど金を払うことよくあるよ

好きじゃないけど金は払いたいって気持ちはあるよ

金払ってアルバム買っても聞かなかったりする(バッハやクセナキスとかね)

嫌いではないんですよ、それはまだ知らないことで

いつか好きになるかもしれないし

映画の入場料を払うみたいな

まず金を払う、こともある(たまに払う)

どうなんだろうね、これは私だけ?

好きじゃなくて、金を与えてる感じだね

たかが知れてる額だけど

 

好きとかよく分かんねえからな

好きと金を並べることも、なにか問題があるかもしれないけど

あんま深い考えで書いてない、最近

 

好きになるのって、時間かかったりするけど、金を払うのは、早いからな

だって、当たり前だよそれは。金というものが、遙か昔から現代にかけて、いかに便利になるために発達してきたか

その伝わりやすさ、便利さ、たるやすごいよ

 

「いいね」がしやすい、伝わりやすい仕組みをSNSは作ってきたが。まぁ「いいね」が、人間にとって必要なものということも、言えますけど。

金でしょ。

金は後からついてくるってことも、言えるかもしれないけど。

 

なんだろうね。私が作品に金を払いたいって思うのは、一種のマウント?

そんな気持ちもあるね。

でも、マウントっていう言い方も悪いなー。

私が興味のある人が、金を受け取る気があれば、それは嬉しかったりするよ。

まぁ、私も払ったり払わなかったりだけど。

 

私が正社員になったのはデカい。

なれちゃった。

これで私は金を払う側に回ろうと思った。

 

いかがでしたか?

ぬ「お金」と「いいね」については、結局分かりませんでした!

でもこの問題が重要であることは間違いなさそうです!

それではここまで読んでいただきありがとうございました!